ペリカン急須(小) - 南蛮

■寸法:約120 × 106 × 高さ88(mm)
■容量:約300~350(mm)
■色:濃茶~暗紫色
■材質:陶器(京焼)釉薬:南蛮釉
■製法:手びねり、ろくろ成形
■製作:日本製 京都市左京区

1931年の陶房創設より80年以上続く京焼の窯元、晋六窯(しんろくがま)さん。
現代表の祖父・辻晋六氏が1930年に京都市山科区に築窯したのが始まりで、現在は左京区岩倉で製造・販売に加え陶芸教室も開いています。祖父から受け継ぐ「民芸」の大らかさと素朴さ、そして京焼の優雅さを併せ持った陶器の製作を心がけ、一つ一つ手作業でその時代時代に受け継がれていく器を制作しています。

晋六窯さんの看板商品といえば『ペリカン急須®』【商標登録済】。
京焼で作られたこの急須は、注ぎ口がまるで鳥のペリカンのような形をしています。以下、代表である京谷さんの弁。

「焙じ番茶が詰まって出にくくなるのを、
何とかスムーズに出せるように!」
との注文で、50年前にうちのおじいちゃんが考えた急須です。番茶と言うのは葉が大きい!
お茶の出てくる穴が少ないと詰まるのは当たり前・・・
そこで、穴を沢山開けるには、口を大きくする。こうして誕生しました。
普通の急須は「つばくろ(つばめ)口」と言います。それに対して、大きな口はまるで「ペリカンみたいやな~」と言うのでついた名前。50年前は、不恰好で変な急須だとあんまり売れなかったんです。。

急須の穴は一つ一つ傘の骨を加工した道具で200近く空けています。胴を作り、蓋、取っ手、口・・・4つのパーツから成り立っています。
全てろくろを引いて手作業で作っています。


・南蛮釉(なんばんゆう)について

素焼き(700℃~900℃で焼いたもの)とよく間違えられますが、鉄分を多く含んだ粘土を無釉で高温(1000℃~1250℃)で焼成すると、中の鉄分が溶け、石のようになることから「せっ器(常用漢字外。磁器と陶器の中間の性質を持つ)」「半磁器」「焼締め」などとも言われます。
肌色は自然の粘土で、不揃いで色目は一定しません。焼成温度によっても色目が異なります。昔から水を入れる「瓶」や「壺」に多く用いられました。
「南蛮」とは元々茶人、道具屋仲間の慣用語で、明治以前は外国、特に南方方面からの輸入品を指した名称だそうです。晋六窯さんの「南蛮釉」は赤土粘土で製造し、その上に薄い「鉄釉」を施釉しています。
わずかに赤みがかった暗紫色を基調に、光のあたる角度が変わると、ほんのうっすらと青や緑の被膜(鉄分の変化したもの)が見え、硬いとも柔らかいともいえない、焼成した土の独特な手触りが直に味わえる釉です。

※ご注意

・陶器は、どのように釉薬【上薬】が掛っていても、高野豆腐のように水を吸いますので、長時間水を入れたまま放置すると、しみ出してきます。またお茶や醤油などの 色のついたものを入れて使うと、茶渋や色がつき、新しい時とはまったく違ったものになります。使用される前には、お米のとぎ汁に一昼夜付け置き、そのまま沸騰するまで火にかけ((注)ぐらぐら煮ないでください。割れる事もあります)冷めたら洗ってご使用下さい。充分水分を吸ってしまうと、後は長持ちもしますし割れにくくなります。

【高品質】 晋六窯 ペリカン急須 プレゼント 贈り物 ギフト お歳暮 陶製茶器 陶器 茶器 ティーポット きゅうす teapot Japanese 【新生活】 職人の手仕事 工芸品 清水焼 京焼窯元 南蛮釉(鉄釉掛け) 小サイズ-急須